2018年好きな女性アナウンサーランキング{TOP10}(畢宿)有働アナが初の首位!!

今年も恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」が発表されたので、ランクインした10名の女性アナウンサーの宿曜をチェックしてみました。

有働由美子が初首位、飾らない素の姿に好感の声多数

1位 (畢宿)有働由美子アナウンサー

 自身初の1位にランクインしたのは、今年3月にNHKを退社した【有働由美子】アナ。NHK時代の『スタジオパークからこんにちは』『あさイチ』が好評を得て、昨年2位よりランクアップを果たした。
引用元:ORICON NEWS

コツコツ大器晩成型畢宿
(畢宿)有働 由美子(うどう ゆみこ、1969年3月22日)

畢宿のコツコツ努力の根性ってすごいですよね。

当然女性アナウンサーは「可愛い・美人」だけじゃななれない職業で、全員が努力を惜しまなかった結果なれる職業ですが、

畢宿は、飛び抜けて何かに秀でているわけでもなく、淡々と目の前をこなし続けた結果、手に入れる地位や財産は他宿に比べて抜きんでています。

2位 (虚宿)弘中綾香アナウンサー

感受性豊か虚宿
(虚宿)弘中 綾香(ひろなか あやか、1991年2月12日)

陰と陽が混ざり合った虚宿は、暗すぎず、明るすぎずのバランスを保てた人が成功するようです。

とはいえ弘中アナはまだまだ若いのでこれからの山あり谷ありをどう乗り越えていくかが楽しみです。

3位 (觜宿)加藤 綾子アナウンサー

おしゃべり觜宿
(觜宿)加藤 綾子(かとう あやこ、1985年4月23日)

お笑い芸人もそうですが、何と言っても喋り出したら止まらない、喋る仕事をやらせたら天下一品の觜宿ですから、加藤アナは、一時のアイドル的人気を乗り越え、不動の地位を築いています。

4位 (房宿)川田裕美アナウンサー

永遠のお姫様房宿
(房宿)川田裕美(かわた ひろみ、1983年6月22日)

房宿は、いるだけで何か”持っている”と思わせることのできる珍しい宿です。

それでいて意外に努力をしているので、実力も伴えば盤石な仕事をし続けます。

5位 (軫宿)徳島えりかアナウンサー

社交力No.1軫宿
(軫宿)徳島 えりか(とくしま えりか、1988年9月10日)

軫宿は、何と言っても人付き合いが上手な宿で、いい子ちゃんを演じたら右に出るものはいません。

また、一度これと決めた道を突き進むので、なかなか一番にはなれませんが、ずっと活躍し続けることのできる安定した宿です。

6位 (鬼宿)大江麻理子アナウンサー

根性とアイディア力の鬼宿
(鬼宿)大江 麻理子(おおえ まりこ、1978年10月21日)

鬼宿は何と言っても、奇抜なアイディアや、実行力に魅力があります。

自分にしかできない、他人とは違う道を仕事の中に見いだすことができるので、特別な、特殊な地位を気づくことができます。

7位 (亢宿)大下容子アナウンサー

ワガママさNo.1??亢宿
(亢宿)大下容子(おおした ようこ、1970年5月16日)

亢宿の女性は、何と言っても、ズバズバとした物言いを、他人を恐れずできることが魅力で、正義感にも溢れています。

癖のあるキャラクターというより、一本気のある性格が表にでたキャラクターが人に好かれる要因です。

8位 (虚宿)井上あさひアナウンサー

感受性豊か虚宿
(虚宿)井上 あさひ(いのうえ あさひ、1981年7月17日)

2位に同じくです。

9位 (昴宿)宇垣美里アナウンサー

脳内ワールド全開昴宿
(昴宿)宇垣 美里(うがき みさと、1991年4月16日)

昴宿の女性は何と言ってもその上品さ、気品漂う雰囲気が何よりも売りになります。

脳内の世界であらゆる妄想や、理想が渦巻いているので、たまにワガママな一面が出てしまい、周囲がひいてしまうこともありますが、気にせず我が道を歩み続けます。

10位 (翼宿)田中みな実アナウンサー

曲がった事が大嫌い翼宿
(翼宿)田中みな実(たなか みなみ、1986年11月23日)

翼宿の女性は、ちょっとダサさがあるのですが、本人は気づきませんし、気にする必要もないくらい自分磨きをずっとできる宿です。

少々ミーハー過ぎる行動がたまに目につきますが、それでも着実に人間として成長していく翼宿は、結果、人から憧れられる貴重な人です。




「スコりん」の電話占い
初回最大30分無料

恋愛、不倫、家族、etc…お悩み相談。「今」お悩みのあなたのそばに寄り添います