パワハラ被害者の(尾宿)伊調馨と加害者(畢宿・壊)栄和人の相性は?「安壊・遠距離」

27宿-安壊
(尾宿・安)伊調馨(いちょう かおり、1984年6月13日)

(畢宿・壊)栄和人(さかえ かずひと、1960年6月19日)

安壊・遠距離

ショッキングで非常にツマラナイ報道が出ていますね。

五輪4連覇・女子レスリング伊調馨が独占告白 栄和人強化本部長からの「陰湿パワハラ」

伊調選手は文春にてパワハラについてのインタビューを受けています。

【写真】内閣府に提出された、栄氏による伊調馨への“パワハラ”を指摘する告発状

嫌がらせは北京五輪後に始まったそうで、明らかな栄コーチの男の腐った嫉妬と、実績と立場による思い上がりによるものだということが伊調選手のインタビューからわかります。

――北京五輪後に練習拠点を東京に移した。その後、栄さんからの嫌がらせが始まった?

「そうですね、はい」

――男子合宿に行けなくなったのも栄氏の意向?

「土方さんと栄監督の関係もあったと思います。田南部コーチがずっと私を見てくれていたことも、やっぱり嫌だったと思います。栄監督としては自分の元を離れたので、面白くないんじゃないですか」

――栄氏から、「もう田南部のコーチを受けるな」と言われたことは?

「直接言われたこともあります。当時、田南部さんは男子の強化委員会で、男子のコーチだったので、『そこは控えろ』と。ただ世界選手権などでは、コーチにアドバイス求めたりするんですけど『あまり話すな』と」
引用もと:文春オンライン

二人の関係「安(尾)壊(畢)」とは?

「どちらも努力家で粘り強く緻密な性質のため、争うと終わりの見えない泥沼にハマっていく」

大体キッカケは些細なことですが、一度争い始めたら終息せず大問題へと発展しやすいこの二人の相性です。

安側の「尾宿」が有利と思いきや、この相性の場合は最初に有利なのは「畢宿」側です。

イニシアチブを「畢宿」に取られてしまう「尾宿」は恨みを募らせていき結果的に、

今回の様な周りを巻込む「告発」等によって立場の逆転をはかります。

結果的に大きく損をする「壊・畢宿」

畢宿が調子に乗った行動、行き過ぎた行動をすると必ず「尾宿」はやり返します。

最終的には「安・尾宿」が立場をよくする関係です。

この騒動の行方はどうなるか今後に注目です。

ほぼほぼ(畢宿)栄コーチが断罪されて終わると思いますが…

ちなみに吉田沙織と栄コーチの関係は?

27宿-栄親
(觜宿・親)吉田沙保里(よしだ さおり、1982年10月5日)

(畢宿・壊)栄和人(さかえ かずひと、1960年6月19日)

栄親・近距離

ああそりゃ仲いいですね。

特に牛宮に属するこの二つの畢宿と觜宿は、近距離特有の諍いもなく、長く穏やかな関係を築けます。