最近「漫画・あさりちゃん」を改めて読んでいる… 作者(虚宿)室山眞弓と(房宿)室山眞里子「安壊・中距離」

f:id:shukuyo:20171223125035j:plain

仕事の関係、上下関係、アート系はこの関係最高ですねー

  • (虚宿・安) 姉/室山 眞弓(むろやま まゆみ、1955年8月30日 – )
  • (房宿・壊) 妹/室山 眞里子(むろやま まりこ、1957年9月27日 – )
  • 安壊・中距離

小さい時好きだったんですよねー。

最近突然妹から「あさりちゃん覚えてる?」とLineがきまして、

「おお!覚えてる!」

「100巻まであるよ」

「ええ!?」

「懐かしいよねー、いま読んでも面白いから読んでみ」

「うんポチった」

ということで20年以上ぶりに読み返したところ、

母親と妹二人と自分で爆笑しながら、狭い畳の部屋で読んでいた記憶が蘇りました。

一人でくすくす笑いながら涙がこぼれました。

懐かしむのも、ただ笑うのも、子供と一緒にゲラゲラ笑いながら読むのも、なんでもいいと思います。好きにしてください。

どうぞ、ポチってください。

「安」は「壊」の首根っこを掴んでいる。楽々操縦できちゃう。

そうなんです。

なにかとイメージの悪い「安壊」の関係ですが、上下関係であればうまくいきます。

まあ憎しみが残るかもしれませんが、それを乗り越えれば非常に大きく人間的成長を遂げます。

そんな「あさりちゃん」作者のこの姉妹。

色々あったでしょう。

ですが、素晴らしい作品を100巻まで残したということは驚嘆に値します。

そして素晴らしい思い出の時間をありがとうございます。