(角宿)貴乃花親方と(壁宿)河野景子の夫婦関係とは?【安壊・遠距離】騒動の行方次第??

f:id:shukuyo:20171214231834j:plain
  • (角宿・安) 貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 – )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。所属した相撲部屋藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠。
  • (壁宿・壊)河野 景子(こうの けいこ、1964年11月12日 – )は、日本のタレントであり、元フジテレビアナウンサーである。元大相撲力士で、第65代横綱貴乃花光司の妻としても知られる。戸籍名:花田 景子(はなだ けいこ、旧姓:河野)。
  • 安壊・遠距離

二人の関係は安壊・遠距離」ということで、ぱっと見「あれっ、やばいんじゃないの?」

と思ってしまうところだが、実はそうでもないので取り上げてみよう。

そもそも、「安壊」というのは「上下関係」にとても向いています。

「安」が上司

「壊」が部下

という関係が理想的です。

※勿論例外のある宿曜同士というのはあります。

さて、貴乃花親方と、景子夫人の上下関係」とは一体どのようなものでしょうか?

年の差は8歳で、景子夫人の方が年上の姉さん女房です。

ですが、相撲界という伝統的で古いしきたり、土俵の上に女性は上がれないなのどの「男尊女卑」的な世界では、当然ながら貴乃花親方の立場が上ということになります。

部屋の長は当然親方である貴乃花で、景子夫人はあくまでも親方を支える「女将」という立場になります。

部屋の「女将」というのは実務的な部屋運営を、部屋付きの「マネージャー(男性であることが多い)」と共に担っているそうです。

という訳で、お二人の夫婦関係には「仕事上」での関係という要素が、お二人の関係を語る上で外せません。

そうなれば当然、

貴乃花親方が「上司」となり

景子夫人が「部下」となります。

「えっ…?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

お二人の「安壊」という関係の場合、この「上下関係」が夫婦円満の秘訣になっている可能性があります。

角宿の貴乃花は、大変頑固な性格です。最近の騒動をみてもそれはそうだ、という感じですよね。

その頑固さ故に、良い部下を持たなければ、対人、組織運営は難しいでしょう。

そこで、鍵となるのが、景子夫人の宿です。

景子夫人は「壁宿」でしたね、この「壁宿」というのは、人を支える力は「宿曜随一」といえます。

なんせ壁ですから…

冗談はさておき、壁宿というのは、日常を現実的にこなしていく力を持っていて、

浮世離れした生活には縁遠い人です。

そして、ひとたび人を尊敬したならば献身的に尽くす優しい性質を兼ね備えています。

という訳で、貴乃花親方と景子夫人という関係は、部屋が存続する限り良好な夫婦関係を気づいていけると予想されます。

今回の騒動にしても、日頃から部屋の運営が盤石であるが故の自信からくる貴乃花親方の勝負の仕方から生まれていると言えるでしょう。

部屋の関係者からの情報リークがここまでないというのも、普段からの部屋運営が上手くいっているかのなのではないかと思われます。

この騒動、決着の行方は過去記事で書いた通りだと思います。

shukuyo.hatenadiary.jp

もし貴乃花親方が、協会に対して、世論も味方につけた上で勝ちきれば、この夫婦の仲は良い方向のままいくでしょう。

もし、貴乃花親方が勝てなかった場合には、どうなるのか…

自分達に正義があると思い切っている、貴乃花親方と、景子夫人だけにその時はどういう関係性になっていくかは「安壊」という相性からみてあまり好い夫婦関係ではいられなくなるのではないかと思われます。

そんなこんなで、この騒動。

めちゃ面白いですね!

 

追記:2018/11/26

離婚したそうです。

元貴乃花親方、景子さんと離婚