スノボ(婁宿)平野歩夢と(翼宿)ショーン・ホワイトの一騎打ち。「友衰・中距離」

27宿-婁宿
(婁宿)平野歩夢(ひらの あゆむ、1998年(平成10年)11月29日

おや、おや、おや。前回オリンピックの時は子供でしたが、今は大人のイケメンですなあ。

前回ソチオリンピックでは「ハーフパイプ」で「銀メダル」を獲得しています。

その時平野を上回り「金メダル」を獲得したのは、
(底宿・安)ユーリ・ポドラドチコフ(Iouri Podladtchikov、1988年9月13日)「安壊・遠距離」でした。

今回のピョンチャンオリンピックでは「欠場」を発表したため、オリンピック金メダルを二度獲得している「ショーン・ホワイト」との一騎打ちの様相を呈してきました。

勿論、前回ソチオリンピックで「銅メダル」を獲得した(斗宿・友)平岡卓(ひらおか たく、1995年10月29日)「友衰・中距離」の活躍も期待されています。

(翼宿)ショーン・ホワイトとの相性は?

27宿-翼宿
(翼宿・友)ショーン・ロジャー・ホワイト(Shaun Roger White、1986年9月3日)

友衰・中距離

あ、また「翼生えちゃってるジャンパー」ですね。

(翼宿)高梨沙羅。翼を持った天才ジャンパー「宿曜占い」

2018.02.12

13才でプロスノーボーダーになったショーン・ホワイトは、2006年トリノ、2010年バンクーバーオリンピックで二連覇を果たしています。

前回ソチオリンピックでは、決勝でミスをしてしまい「四位」に終わりましたが、今でも勿論世界で最も優れたスノーボーダーです。

そんな最強のショーン・ホワイトに平野歩夢は挑む訳ですが、この一騎打ちとも言える今オリンピック、勝敗の行方は一体?

相性的には「安壊」の関係だと勝負事の場合、大体が「安」側が有利なことが多いですが、
二人は「友衰・中距離」であまり勝負において優劣つけがたい相性です。

若さと、金メダルを獲得していない「追う立場」であることで平野歩夢の方がどちらかというと優勢でしょうか。

いずれにしてもこの二人の「一騎打ち」楽しみです!