【関係者一覧】(箕宿)トランプ大統領と(女宿)メラニア夫人との相性は?不倫発覚後どうなるのか。その他関係者の宿曜と相性は?「宿曜占い」

  • (箕宿・衰)ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日
  • (女宿・友)メラニア・トランプ(Melania Trump、1970年4月26日
  • 友衰・近距離

ファーストレディであるメラニア夫人とは「友衰・近距離」の相性でした。

そんな、二人の間には今年に入って発覚したトランプ大統領の「不倫問題」で、メラニア夫人は大分冷めきっているとの噂ですが、当然ですかね。

大統領でいるウチに離婚はしないでしょうけど、大統領退任後はどうでしょうか。
トランプも年が年ですから遺産とかが頭がよぎりそうなものですが、子供達は多いですし、そもそもトランプが不倫をしているので莫大な慰謝料を取れるます。

女宿は冷静な判断をしてトランプが大統領退任後に動きそうです。

トランプ大統領の不倫相手は?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BNTY4MjYwNTAyNF5BMl5BanBnXkFtZTcwOTEzMDYwOA@@._V1_SY1000_CR0,0,701,1000_AL_.jpg
  • (心宿・衰)ストーミー・ダニエルズ(Stormy Daniels, 1979年3月17日
  • 友衰・近距離

有名な元ポルノ女優で、監督業もこなす現在39才のストーミーさんと不倫していたそうで「口止め料」として13万(約1500万円)ドルを支払っていたそうです。

結果、ストーミーさん自ら告白してしまったということらしいですが、大富豪の不倫の口止め料にしては13万ドルは少なかったのでは…?

トランプ氏と“不倫”した元ポルノ女優の赤裸々告白 仕事を餌に“セクハラ”するのが“トランプ流”?(飯塚真紀子) – 個人 – Yahoo!ニュース

そんなトランプ大統領ですが、今までに2度の離婚を経てメラニア夫人と3回目の結婚に至っています。

懲りない人ですねえ…。

トランプ大統領と一番目の元妻との相性は?

http://dream1218.com/wp-content/uploads/2016/11/totanpu56-300x383.jpg
  • (箕宿)イヴァナ・マリエ・トランプ(Ivana Marie Trump、1949年2月20日

20代の頃にトランプと結婚し、3人の子供をもうけましたが、1990年にトランプと後に二番目の妻となるマーラ・メープルズと不倫をしたため、「2億ドルの現金、14億ドルの土地」を得て離婚しています。

トランプはその莫大な慰謝料のために、破産をしています…

「命」の関係は大事にいかなきゃいかん…

「箕宿」の「命」の相性は、「気が荒いもの同士で争いも多く、相性は良くない。一度結ばれると別れにくく、互いに深追いしない方が賢明」ということです。

とは言え3人の子供もいるからか、後に、イヴァナさんが再々婚した時の結婚式にはトランプも出席したそうです。

トランプ大統領と二番目の元妻との相性は?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/2f/Marla_Maples_LF_crop.jpg/220px-Marla_Maples_LF_crop.jpg
  • (星宿・栄)マーラ・アン・メープルズ(Marla Ann Maples、1963年10月27日
  • 栄親・遠距離

不倫の果てに結婚をした二人は、娘のティファニーが生まれたものの、1999年8月には離婚しています…。

離婚原因はまたまたトランプの「不倫」とも「財政面の問題」とも言われています。

「栄親・遠距離」の好相性も関係ないという…

波乱の人生を歩んでいるトランプです。