運命論・宿命論ってどうなのよ?私的にはこうだろと思う。だから書いちゃう。

http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/a8a0db21be4d8fa4e5a0d898157668359b775619.37.2.9.2.jpeg

 

私は自分が運命論者なのかどうかわからない。

だけど、人間の運命は定められている。そうでしかないのでは?

と思う理由もある。

 

様々な宗教で色々な説明で運命論・宿命論は定義されている。

代表的なのは仏教の「因果応報」だ。

この「因果応報」は考え方によっては「運命論」になる。

 

結局、我々人間で誰も答えは解らないから、その人がそうだと思えばそうなんだろう。

 

私が何故「人間は運命に定められている」と思うかというと、

「過去を変えられない」という事実がある時点で「未来も変えられない」と思うのだ。

 

「過去は変えられないけど、未来は自分次第…」と言う人もいる。

 

だけど、「過去を変えられない」ということが、どうしても「未来も変えられない」ということに思えて仕方がないのだ。

 

この答えは何処にあるのかはわからない…

誰が知ってるのかもわからない…

 

誰も答えを知らずに死んでいくことは漠然と解る…

 

ってなもんで、寝よう。明日も早起きしよう。

明日が大晦日だろうが何だろうが常に「早起きは三文の得」なのは間違いない答えな気がするから。