貴乃花一門の親方達の宿曜と、貴乃花親方との関係を調べる。すごすぎ。

https://parts.news-postseven.com/picture/2017/12/1746_takanohana.jpg

貴乃花部屋

(角宿)貴乃花光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 – )

  • (昴宿・衰) 光法賢一/音羽山(こうぼう けんいち、1973年8月18日 – )
  • 友衰・遠距離

直属の部下が「衰」で貴乃花が有利だ。光法の良い部分を自分に生かせる。

大嶽部屋

  • (虚宿・胎) 大竜忠博/大嶽忠博(だいりゅう ただひろ、1960年9月30日 – )
  • 業胎

これも最高だ。「角宿」を最も理解する事のできる「虚宿」がいる。

「虚宿」の実務能力の高さも「角宿」を大きく支えることができる。

阿武松部屋

  • (箕宿・安) 益荒雄広生/阿武松(ますらお ひろお、1961年6月27日 – )
  • 安壊・中距離
  • (箕宿・安)若荒雄匡也/不知火(わかこうゆう まさや、 1984年2月24日 – )
  • 安壊・中距離
  • (軫宿・栄) 大道健二(だいどう けんじ、1982年8月21日 – )
  • 栄親・近距離

ここがすごい!ラッキーとしかいいようがない。

一見「安壊・中距離」が二人もいて「ヤバそう」だが、それを中和することができる「栄」の「軫宿」がいるんだ…

この「軫宿」の大道がいるおかげで、「箕宿」の荒益雄とも良好な関係を築くことができる。

立浪部屋

  • (婁宿・危) 旭豊勝照/立浪(あさひゆたか かつてる、1968年9月10日 – )
  • 成危・遠距離

これもいいんだよああああ。

「危」の「婁宿」と付き合う事で、「成・角宿・貴乃花」が仕事面ではお得なことが多い。

千賀ノ浦部屋

  • (翼宿・衰) 隆三杉太一/千賀ノ浦(たかみすぎ たかかつ、1961年3月1日 – )
  • 友衰・近距離
  • (参宿・親) 舛田山靖仁/常磐山(ますだやま やすひと、1951年4月10日 – )
  • 栄親・中距離

また「衰」がいた… これもまた扱いやすい…

そして貴乃花にとって可愛くてしょうがない「参宿」がここにいる…

貴乃花親方は宿曜を知っているのか…?

この一門、とんでもなく強い。

各親方達と、貴乃花親方との関係性が完璧すぎる。

「業胎」がちゃんといて、「栄親」が多い。

そして「安壊・中距離」がいても、その「安壊」を中和することもできる…

一時期「貴乃花が洗脳されてる?」というニュースが飛び交っていたが、

これは宿曜知ってるでしょ。という感じがしてしまう…

勿論人との縁は全てをコントロールできないから良い偶然もありつなんでしょうけど…

すごい…

ついでに、近々、貴乃花一門入りをすると目されている三親方との宿曜関係を調べよう。

錣山部屋

  • (参宿・親) 寺尾常史/錣山(てらお つねふみ、1963年(昭和38年)2月2日 – )
  • 栄親・中距離
  • (軫宿・栄) 豊真将紀行/立田川(ほうましょう のりゆき、1981年4月16日 – )
  • 栄親・近距離

まじなんなの。本当に。

言わずもがなで最高の相性。

湊部屋

  • (心宿・成) 湊富士 孝行(みなとふじ たかゆき、1968年7月6日 – )は群馬県安中市出身の元大相撲力士
  • 成危・近距離

そう!そしてここなんだよなああ。

この「心宿」は本当に「利に聡い宿」だ。

「心宿・成・湊富士」が貴乃花と付き合えば得をする。

つまり、湊富士が時津風一門も離れ、貴乃花につくということは、

協会内での権力・政治力が貴乃花に傾くと湊富士が予想しているわけだから、

いずれ貴乃花理事長。ってことも湊富士は視野にいれているだろう。

そして貴乃花理事長ってことになったら、湊富士も当然お得なのである…

いやああ、貴乃花すげええーー。

各宿の相性/関係性

追記:「貴ノ岩貴景勝が同じ「婁宿・命」同士…」

(婁宿)貴景勝が新三役!えっ!?同部屋の(婁宿)貴ノ岩と「命」じゃん。